試験勉強と暗記法・記憶術

記憶力をカバーするのが記憶術や暗記法。記憶するためのテクニックは、難関試験を突破するための武器になります。

サイトトップ > 印象深く間違えると忘れない

印象深く間違えると忘れない

間違えるということは、記憶にとってプラスになります。あなたにも経験がありませんか。恥ずかしい間違えをしたので、ずっと忘れられないという・・・。


勉強において間違えるという事は、頭の中の知識を1度外に出したから間違えたのです。知識のアウトプット自体、記憶の定着にプラスになります。それに加えて印象深い間違え方をすれば、もうちょっとやそっとでは忘れられません。


だから、どんどん問題を解いてどんどん間違えればよいのです。その間違えの印象的なら自然と記憶に残るし、そうでなければ印象を深くするように考えればよいわけです。


間違えるのは悪いことではありません。間違えを印象の薄いまま放置するのは問題です。間違えた時点で、これはしっかり記憶するチャンスだととらえるようにしましょう。


その他一覧