試験勉強と暗記法・記憶術

記憶力をカバーするのが記憶術や暗記法。記憶するためのテクニックは、難関試験を突破するための武器になります。

サイトトップ > 速読と理解と記憶

速読と理解と記憶

正しいテクニックを身につければ、速読が試験勉強に役立つ事は間違いありません。ただ、世の中には試験勉強向きでない速読法もあるので注意が必要です。


試験勉強向きでない速読法の例としては、フォトリーディングなどがあります。右脳を使う情報読み取り能力を主に活性化するもので、試験勉強に頻出する論理的文章を速読しようとすると理解度が下がり、当然、記憶にも残りません。


速読法を正しく学んでいない一般の人が自己流に速読する場合も、同様の結果になります。読むスピードを上げていくと理解度が下がり、記憶に残らないのです。


この問題を解消するには、右脳だけでなく、論理思考を司る左脳も活性化する必要があります。さらに、右脳と左脳が足を引っ張り合うことなく連動できるのが理想です。


そんな速読法はあるのか?
と思うかもしれませんが、
ちゃんと、あります。



「速読勉強法」と呼ばれるドクターブレイン


がその代表例です。


試験勉強に速読を取り入れる場合は、右脳と左脳を連動させる速読テックニックをみにつけるようにしてください。



その他一覧