試験勉強と暗記法・記憶術

記憶力をカバーするのが記憶術や暗記法。記憶するためのテクニックは、難関試験を突破するための武器になります。

サイトトップ > 勉強の締めくくりにザーッと見直す

勉強の締めくくりにザーッと見直す


勉強を終える前や、休憩をとる前に、いま勉強したところをザーッと見直す癖をつけるとよいです。それで、簡単な復習を1回したことになります。


復習は勉強の要で、同じところを何回も復習しないと長期的に覚えておくことができません。初見の知識は覚えてもあっという間に忘れるのが一般的です。大半を忘れてしまわないうちに1度復習することが、とても重要なのです。


世の中には、復習のタイミングを教えてくれるプログラムがあるそうですが、上記のように見直してから(=復習してから)勉強を終える習慣が身に付けば、ある程度よいタイミングで復習ができていることになります。(2回目以降の復習は別に考えないと駄目ですが。)


ちなみに、藤本式記憶術の藤本憲幸さんは、記憶術日本一にもなった方ですが、セミナー等でも休み時間になったら、1分間目を閉じて今聴いた話を思い出してみるように、と教えています。そうしないと、聴いた話の多くを忘れてしまうのです。


記憶の仕組み一覧