試験勉強と暗記法・記憶術

記憶力をカバーするのが記憶術や暗記法。記憶するためのテクニックは、難関試験を突破するための武器になります。

サイトトップ > 記憶の仕組み

記憶の仕組み

短期記憶と長期記憶

記憶には短期記憶と長期記憶があります。名前からわかるように、短期記憶は短期間で消えてしまう記憶、長期記憶は長期間残る記憶です。短期記憶は数十分もすると消え始めて

短期記憶と長期記憶

記憶に効果的な精緻化リハーサル

知識を定着させるには、学んだ事を繰り返し確認する作業が必要です。つまり、復習のことですね。英語ではリハーサルと言います。リハーサルには維持リハーサルと精緻化リハ

記憶に効果的な精緻化リハーサル

参考書は薄い方がよい!

「参考書は薄ければ薄いほどよい」これは、「平成の資格王」こと、中村一樹さんが「資格試験最短合格勉強法」で述べている言葉です。450個以上もの資格試験を制覇した中

参考書は薄い方がよい!

復習の重要性

コリン・ローズの「加速学習法実戦テキスト」(ダイヤモンド社)の中に、復習の重要性を端的に表している実験結果が載っています。そのエッセンスを紹介します。この実験と

復習の重要性

理解する事の重要性

記憶するためには、内容を理解する事が重要です。理解できていないものを憶える事はできないと断言する記憶術の達人もいます。暗記科目であっても、丸暗記しようとするのは

理解する事の重要性

記憶とストーリー

単語がズラーっと並んだリストを記憶するとき、@何も工夫せず、そのまま丸暗記するAリストの単語を使ったストーリーを考えて記憶するという2つの方法を比べると、圧倒的

記憶とストーリー

アウトプットの重要性

学んだ事がどれ位理解できているか、身についているかは、自分でアウトプットしてみないとなかなか分からないものです。問題集の問題を解いてみるのもよいのですが、もっと

アウトプットの重要性

アウトプットの重要性(2)

勉強したことをアウトプットしてみるのは、本当に理解できているかどうかをチェックできので重要です。しかし、それだけではなく、勉強した内容をしっかり記憶するためにも

アウトプットの重要性(2)

教材に印を付ける

試験勉強では、同じところを何回も復習するのが当たり前です。であれば、次回復習する時にやりやすいように、印を付けながら勉強を進めるのが良いですね。例えば、●重要度

教材に印を付ける

記憶にも効果的な速読

速読は様々なメリットがあり、記憶の面でも効果が期待できます。速読を行うという事は、例えて言えばパソコンの基本クロックを速くするようなものです。勉強の要素(読む、

記憶にも効果的な速読

違いを強調して覚える

試験には、似たような数字や条件で引っ掛けることを意図した問題がよく出題されます。このような問題に対しては、普段から「似ているもの」をよく整理して記憶しておくこと

違いを強調して覚える

思い出すための仕掛け

試験勉強に限らず日常生活においても、記憶はしているのに思い出せないという事がよくあります。これは覚えるときの問題でも記憶を保持する部分の問題でもなく、記憶を呼び

思い出すための仕掛け

図や表、チャートなどにまとめる

一般論として、直感的にわかりやすい形にまとめれば、楽に覚えられるようになります。情報によって、最適な形は異なります。図が良い場合、表がピッタリの場合、チャートが

図や表、チャートなどにまとめる

睡眠を活用する

睡眠は記憶と切っても切れない関係にあります。睡眠が記憶を定着させる役割を持っているのです。人間の脳は、見た事聞いた事が直ぐに長期記憶にストックされるようにはなっ

睡眠を活用する

勉強の締めくくりにザーッと見直す

勉強を終える前や、休憩をとる前に、いま勉強したところをザーッと見直す癖をつけるとよいです。それで、簡単な復習を1回したことになります。復習は勉強の要で、同じとこ

勉強の締めくくりにザーッと見直す

効率から考えた復習のタイミング

勉強には復習が大事です。繰り返して復習することで、しっかりと記憶することができます。極端な話ですが、英単語1個を1日に3回、毎日復習していたら、必ず記憶できてし

効率から考えた復習のタイミング