試験勉強と暗記法・記憶術

記憶力をカバーするのが記憶術や暗記法。記憶するためのテクニックは、難関試験を突破するための武器になります。

サイトトップ > アウトプットの重要性(2)

アウトプットの重要性(2)

勉強したことをアウトプットしてみるのは、本当に理解できているかどうかをチェックできので重要です。


しかし、それだけではなく、勉強した内容をしっかり記憶するためにも絶大な効果があるのです。人に説明してみるのはもちろんのこと、ノートに書き出すだけでも記憶に大きな効果があります。


私自身の体験ですが、中学生の時に学校の授業中に書いたノートを家用のノートにまとめなおすという作業を毎日行っていました。その結果、定期試験レベルの成績はかなり良くなり、最終的には学年で1番になりました。


これは、ノートに書くというアウトプットを毎日まじめに実践したことで、記憶が定着したためだと考えています。


もしも、覚えられないと悩んでいるのであれば、まずは愚直にノートに書いてみるという作業をしばらく続けてみてください。何らかの変化を感じるようになるはずです。


記憶の仕組み一覧