試験勉強と暗記法・記憶術

記憶力をカバーするのが記憶術や暗記法。記憶するためのテクニックは、難関試験を突破するための武器になります。

サイトトップ > 違いを強調して覚える

違いを強調して覚える

試験には、似たような数字や条件で引っ掛けることを意図した問題がよく出題されます。


このような問題に対しては、普段から「似ているもの」をよく整理して記憶しておくことが必要です。


「似ているもの」を記憶するコツは、違っている部分にスポットライトを当てて、覚えることです。


ノートにまとめるのであれば、違いの部分を派手に書くとか、イメージと結びつけて記憶するのであれば、違いの部分に奇抜なイメージを貼り付けるとよいです。



記憶の仕組み一覧