試験勉強と暗記法・記憶術

記憶力をカバーするのが記憶術や暗記法。記憶するためのテクニックは、難関試験を突破するための武器になります。

サイトトップ > 勉強範囲の絞込み

勉強範囲の絞込み

記憶術をマスターしていれば、知識を記憶することに関しては有利になります。しかし、勉強する範囲を絞り込めればさらに効果があります。


試験によっては、かなり勉強する項目を絞ることができる場合もあります。ただし、過去の出題範囲を分析する能力が問われます。


● 科目・ジャンル別の出題頻度や配点
● 問題の出題形式(選択式、記述式)
● 自分の不得意ジャンル


このような項目を検討し、勉強の基本方針を決めます。上手くいけば、早いタイミングで合格基準をクリアできるかもしれません。例えば、行政書士試験や社労士試験などは、この様な戦略的勉強法が非常に有効なようです。



試験勉強の戦略一覧